プラント建設に携わりたい方は必見!施工管理の主な仕事内容を紹介

プラント建設に携わりたい方は必見!施工管理の主な仕事内容を紹介

作業工程におけるリスク管理

プラントでは石油や天然ガスなど引火性のあるものや、爆発の危険性がある物質を電子制御された機械で扱うことになります。その工程途中で、操作を誤ってしまうなど事故に結びつくようなリスクは常にあります。リスクが高いと思われる作業を特定し、安全に作業ができるようなルールを作成するのが施工管理の仕事です。また作業のリスクを最小限にするために、専門性の高い技術を持っている人材や危険物に関する資格を保有している人を作業に充てるよう配慮する事も施工管理の仕事の一つと言えます。

業務スケジュールの管理

プラントの施工管理の場合、スケジュール通りにプラントの稼働が問題なく開始できるかどうかが重要となってきます。プラントによって作り出された原料やエネルギーが不足してしまうと、様々な産業の生産スケジュールが狂ってしまうからです。納期の遅れによって様々な産業に影響が及ばないよう事前に現実的な計画を立案する事が施工管理者には求められてきます。またスケジュール通りに作業が進捗しているか常に意識しておく事も施工管理の業務では大切です。もしスケジュールに遅れが生じてしまう可能性がある時は、作業員の配置転換など業務の調整を行って作業が計画通りに進むようにする事が施工管理の仕事でもあります。

メンテナンス作業も施工管理の重要な仕事

プラントの建設が終了しても、安全かつ安定的に稼働が継続できるようメンテナンスを行う事も施工管理の仕事です。プラントの稼働には高い安全性が要求される事から、建設に関わった施工管理者がメンテナンスに携わる事は少なくありません。建設過程において難航した点などを把握している施工管理者の方がリスクを予測しやすく、メンテナンスの信頼性も高いからです。

プラントの施工管理の仕事に就くには、高度な専門知識や経験が必要です。1級や2級の施工管理技士資格を保有しておくと就職時に有利になる可能性が高いでしょう。