工場の仕事って単純作業の繰り返しだけどやりがいはあるの?

工場の仕事って単純作業の繰り返しだけどやりがいはあるの?

仕事のスキルがアップしていることが実感しやすい

工場というのは、単純作業の繰り返しということもあって、あまりやりがいを感じることはなさそうな仕事ですが、そのようなことはありません。自分の仕事に対して指揮して取り組むことによってやりがいを実感できる場面はいくつかあります。まず特に働き始めのときに感じることが多いのですが、工場の仕事というのは自分がスキルアップしていることを実感しやすいです。働き始めの時は右も左もわからず、工程を覚えるのに精一杯ですし、仕事の効率もあまりよくないため、なかなか成果を上げられないでしょう。

しかし毎日することはほとんど同じなので、勤め続けているうちに自然と効率よい動き方をマスターします。するとこれまで10の作業しかできなかったのに、今日は11の作業ができた、というようにどんどんできる量が増えていきます。そういったときにやりがいを感じることが多いです。

自分が組み立てたものを見たとき

工場で作られている製品や食品、飲料というのは、最終的には一般消費者のもとへ届けられます。組み立てているものによっては、私たちが普段通っているスーパーなどといったお店で販売されていることもあります。普通の人たちはもちろん、その製品や食品、飲料を誰が作っているかなんて想像もしないですし、知りもしませんが、実際にそれらを作っている業務に携わっている人たちからすれば、自分の関わったモノが実際に店頭に売られているのを見かけたときは、やはり嬉しくなるものです。何かしら世の中の役に立っているということを実感し、やりがいを感じることでしょう。

静岡の工場の求人に多く見られる特徴として、自動車など機械関係の割合が高いことが挙げられます。工業地帯として栄えた地域であり、特に自動車に関する工場が多いことが求人の方向性に影響しています。