ドライバーとして活躍しよう!必要な資格とドライバーとして働くメリットを解説!

ドライバーとして活躍しよう!必要な資格とドライバーとして働くメリットを解説!

ドライバーになるために必要な資格とは?

豊富な求人数があることから人気が高いドライバー。ドライバーにはたくさんの種類がありますが、それぞれで必要になる資格が違うので注意が必要です。まず、当然ですがドライバーとして働くためには普通自動車免許が必要になります。普通自動車免許があればタクシードライバーになれると勘違いしている人がいますが、タクシーのように乗客を乗せるドライバーになるためには普通自動車二種免許というものが必要になります。普通自動車免許しか持っていなくて、すぐにドライバーとして働きたいのなら、普通免許で運転することが出来る車両総重量が3.5トン未満、最大積載量が2トン未満の小型トラックのドライバーを目指すと良いでしょう。これ以上に大きなトラックを運転するためには、トラックの大きさに応じて中型免許や大型免許が必要になります。

ドライバーとして働くメリットを考える

ドライバーとして働くメリットとしては、運転スキルが身に付くことが一番大きいでしょう。運転スキルは私生活にも活かすことが出来ますし、安全運転が身に付けば事故を起こす可能性も少なくなります。また、一度ドライバーとして働けば、その経験を生かして他のドライバー職にも転職しやすくなります。タクシー業界にしろ運送業にしろ、今後も安定した求人数が見込まれているので、ドライバーとしてのスキルを身に付けておけば仕事に困ることはありません。免許さえ持っていれば出戻りしやすいこともドライバー職の魅力で、他の業種に転職して失敗しても、過去の経験を活かして再度ドライバーとして働ける環境が整っています。

福利厚生が整っているのが、京都のドライバーの求人です。週休二日制を始めとして、育休制度も導入しています。