民間企業で専属運転手として働くにはどうすれば良いか

民間企業で専属運転手として働くにはどうすれば良いか

役員運転手に求められるスキルを身につけよう

民間企業の専属運転手は、タクシーとは異なり二種免許を取得する必要はないものの、コミュニケーション能力や接遇マナーなど様々なスキルが必要となります。特に、大企業の会長や社長クラスの役員運転手を目指す場合には、採用時に過去の違反歴や人間性などが厳しくチェックされるため、日ごろから生活態度に気を付けることが重要です。最近では、優秀な役員運転手を採用するため、タクシー会社や運送会社でドライバー経験がある人や、責任のある地位に就いたことがある人をヘッドハンティングする企業もあります。そうした中、理想的な条件で運転手として働くために、就職活動中にそれぞれの企業の運転手の採用条件をしっかりと比較することが大切です。

運転手の経験が少ない人は派遣会社の利用も考えよう

過去に企業内で運転手として働いた経験が少ない人は、派遣会社を通じて勤務先を決めることで、恵まれた条件で働けるケースが多くあります。運転手の派遣の実績がある会社の中には、内定率を高めるため、若年者から中高年者まで一人ひとりのドライバーの就職希望者を対象に就職相談に乗ったり、適職診断をしたりしているところが少なくありません。また、派遣会社によって運転手の登録の基準が異なります。そこで、早いうちから各地の派遣会社の求職者向けのウェブサイトを参考にしながら、余裕を持って気になる会社の方針を調べておきましょう。なお、自信を持って運転手の仕事を続けるうえで、全ての登録者に対してコミュニケーション研修や運転技術研修を行っている派遣会社にお世話になるのも良いでしょう。

運転手の派遣では、基本的に拘束時間が短いため、プライベートな時間を確保することができるのがメリットです。