工場求人の寮費補助とはどんなもの?いくらまで補助してくれる?

工場求人の寮費補助とはどんなもの?いくらまで補助してくれる?

工場の寮に住み込みで働こう

大きな工場では、工場を稼働させるために多くの人手が必要です。そのため、工場の求人では寮を用意して広く募集をかけていたりします。そして、工場求人の寮費補助の仕組みとしては、毎月住宅手当として数万円のお金がプラスされて支払われます。その金額は、企業によって千差万別ですので、求人に応募する時に寮費補助があったらいくらまで補助してくれるのかチェックしましょう。また、求人の募集要項に書かれていない場合は、面接の時に聞く方法もあります。

ちなみに、工場が用意してくれる寮については工場が自社で用意した寮と、近くの賃貸アパートなどを借りてもらってそこを寮として使う2種類があります。特に工場が自前で用意した寮に住む場合、寮費負担がかなり少なくなってくる傾向にありますので、毎月の寮費負担を減らしたい方は寮を持っている企業へ就職するのもオススメです。

全額負担もあり!?工場が負担してくれる寮費の限度

工場の寮費補助制度は数万円程度補助してくれる所もあれば、全額負担をしてくれる所もあります。全額負担なら家賃代金がそっくりそのまま自身の手元に残るといっても過言ではありませんのでお得です。普通に賃貸物件に借りると、家賃だけではなく水道光熱費もかかってきますが、会社の寮の場合は水道光熱費まで会社側が全額負担をしてくれたりもします。会社によってどこまで負担してくれるかは違いますが、有名企業ともなれば負担してくれる金額もかなり大きくなってきます。ちなみに、寮費補助については基本的に独り身の人を対象にしたものが多いのでその点は注意しましょう。部屋の間取りはワンルーム程度の所が多いです。

大阪の工場の求人の中には、定年まで勤められる正社員の他に、期間工やアルバイトなど短期の求人も珍しくありません。